音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

ピアニスト長澤晴浩の公式ホームページ

音楽歴

ここから本文です

長澤晴浩のプロフィール

柏原孝子、足立勤一、福井直敬、故若尾輝子、マックス・マルティン・シュタイン、ヘルヴィヒ・真澄、 ジョールジー・サンドール、ベルント・ツァック、木村徹の各氏に師事。

東京都出身。8歳よりピアノを始める。

16歳の時に青少年音楽協会主催で、故秩父宮妃殿下、故正田冨美子様、ベルギー大使夫人ご列席で行われた「ベネフィット・リサイタル」(ベルギー大使館) の出演が、演奏活動の第一歩となる。

武蔵野音大卒業後8回の自主リサイタルを初め、ソロ(3回のオーケストラとの協奏曲の共演を含む)伴奏などで、国際的に多くのコンサートに出演している。

おもなピアノ演奏活動の経歴

1985年
上野学園石橋メモリアルホールにてデビュー・リサイタル。
1990年、1997年、2000年、2005年、2007年
津田ホールにて、第2〜6回「長澤晴浩ピアノ・リサイタル」開催。
2010年
JTホールアフィニスにて、第7回リサイタル(デビュー25周年記念コンサート)を開催。
2015年
新潟市音楽文化会館(8月21日)、東京文化会館小ホール(8月26日)、函館市芸術ホール(8月29日)にて、第8回リサイタル(デビュー30周年記念)を開催。
デビュー・リサイタル時には、TBSテレビの「朝のホットライン」や、NHKの国際放送ラジオジャパンの「ある日本人」、その他、各新聞社などの取材を受ける。
2010年
発のCD「長澤晴浩 ファーストセレクション『安らぎと愛』(IMCM2005)をリリース、絶賛発売中。
2013年
及川光悦(おいかわみつよし)氏率いるモーツァルトヴィルティオーゾ祝祭管弦楽団第59回定期演奏会(紀尾井ホール)にてモーツァルトピアノ協奏曲第21番を協演。
1986年
ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院、夏期講習会受講、同アカデミーコンサートに出演。
1986年、1988年
故辻正行氏率いるプロ男声コーラス「クロスロード・シンガーズ」のヨーロッパ公演に動向し、ハイデルベルグ(ドイツ)にてピアノソロを、ザルツブルグ(オーストリア)では「クロスロード・シンガーズ」と共演。
ウィーン(オーストリア)の学友会小ホール(ブラームスザール)にてボイスカルテットによるブラームスの「愛の歌」を協演。
その後も数年にわたり、スクールコンサートや辻音楽事務所内で行われた中学生への観賞教室にも、ソロピアニストとして参加している。
1987年〜2005年
故星伊久江氏率いる「スリーシャイニングスターズ」の定期コンサートの伴奏を勤める。
1988年
「第5回視覚障害者のための国際音楽コンクール」(チェコ)で、特別賞受賞。
1995年
国際婦人団体(CWAJ)の1組織である「盲大学生を支援する会(VBS)(2013年現在『VVI』)」結成20周年記念コンサートに出演。
1999年
日本視能訓練士学会(東京国際フォーラムC)でのミニコンサートに出演。
1999年
よしだオート主催ボルボ・カーズ・ジャパン後援の「ファミリー・コンサート」に出演。
2003年
すみだトリフォニー小ホールにて、フルート、ソプラノと共に「秋風を呼ぶコンサート」を企画開催。
1998年〜
埼玉の楽譜点訳の会のお力添えの下、「オータム・コンサート」を毎年継続している。
2007年〜
楽譜点訳の会「昴」のお力添えの下、「長澤晴浩と心を奏でる会 in 函館」を毎年行っている。
(2012年より、自主主催講演に移行。)
2010年
株式会社ライズサーチ主催 第1回クラシック音楽演奏家オーディションにて特別賞受賞。

点訳ボランティアなど、その他の活動

現在、演奏経験を生かして後進の指導にも当たっている他、(社福)日本点字図書館での点字楽譜の校正作業を初めとして、 東京を中心とした楽譜点訳ボランティアグループでの楽譜点訳法の研究なども精力的に行っている。
また、(株)マイクロシー・エー・デー製作発売の視覚障害者のための音楽ソフト「ビースコア」開発時のプロジェクトにも名前を連ね、 現在まで、点字楽譜の仕組みなどのアドヴァイスを行っている。

参加している組織、団体